2021年6月21日月曜日

 

鳥や虫も憩えるオーガニックガーデン

 

7年前から「オーガニック生活便」は、山梨県でオーガニック栽培のブドウを作ってきました。



さらに今年は、野菜や花を育てるオーガニックガーデンも作り始めました。

木とウッドチップで作ったガーデンの小道。
蝶が飛んでいます。


オーガニックガーデンでは、私たちが欲しい食べ物や花を作るだけではなく、虫や鳥も歓迎です。

 

年々、世界中で、ものすごいスピードで動植物の種が絶滅に追いやられています。

最近では、3万種塁以上もの生物が絶滅危惧種に。大きな原因は、森林破壊、農薬、さらに気候変動など。

 

つまり私たちの活動が、動植物を追い詰めているのです。

 

「絶滅種なんて関係ないよ」と思う人もいますが、その弊害は、私たちの生活にも暗い影を広げてきています。

たとえば急速にミツバチが減少し、その結果、野菜や果実の実りが減ってきています。

また農薬で汚染された土壌から微生物が消滅したため、驚くほど農産物の栄養価が低くなってきています。

 

そんな現状にあって、「オーガニック生活便」は、人間だけではなく動植物もともに生きられる場所を守ることの大切さを改めて実感しています。



 私たちのオーガニックガーデンは、人だけではなく、虫や鳥も憩えるオーガニックレストランを目指しています。

というわけで、野菜だけではなく、鳥も食べられる実がなる木や、ミツバチや蝶の蜜源になる花も植えています。

 

人も鳥もおいしい! 
ブルーベリーの木を植えました。

ガーデンに薔薇が咲きました。
やさしい色合い。

    ――― 人だけではなく、ほかの生物も一緒に憩える、

               そんなハッピーなガーデンを目指して ――――


ガーデンの向かい側には富士山。朝の光景。




2021年3月11日木曜日

自然素材のぬくもりがある暮らし

 


プラスチックが環境の中に蔓延している


昨今は、海のプラスチックゴミ汚染が深刻化していますが、汚染は海だけではなく、土壌に、大気中にもマイクロプラスチックが拡散しています。

プラスチック製品の問題は、何年にもわたって分解しないことです。

さらにプラスチックを劣化しにくくするために配合される添加剤(紫外

線吸収剤、可塑剤など)が生物に対して有毒であることです。


心も和む、自然界で循環できる日用品


今やプラスチックゴミ汚染は、まさに海の問題だけではないのです。

たとえば、私たちの台所で石油から作られたキッチンスポンジを使うと、これまた劣化とともに細かなマイクロプラスチックとなって、河川に流れ出て、海に到達し、さらに海のマイクロプラスチックを増やすこととなります。

また今やまな板は、ほとんどの家庭が白いプラチックボードを使っています。

一見、清潔そうに見えますが、プラスチックの添加剤のことを考えると、その上での調理は不安です。たとえ少々、黒ずみやすくても、やはり木のまな板のほうが安心安全です。


プラスチック製のまな板は、カビが出にくいということで重宝されているわけですが、言い換えると、微生物も近づきたくない有害成分があるということ。

虫がいない農薬まみれの野菜に近いものがあります。プラスチックの添加剤は、当然ながら、人体に入ると、有害性があることはもちろんですが、大切な免疫力を下げることとなります。


健康と環境を守るために、自然界で循環できる素材で出来た日用品を使いましょう。

自然素材の日用品は、心もほっとなごませてくれます。


吉野桧まな板 喜多製材所

樹齢80年の吉野桧を使用したまな板、料理もいっそうおいしく!


天然へちまたわし へちまここち

台所用スポンジとしても使いたい!


ガラ紡の食器も洗えるふきん

洗剤なしで汚れが落とせる、切って食器洗いにも!




2021年1月28日木曜日

日用品もコスメも「脱石油」宣言を

 

気候変動を止めるために、ついに世界は、石油燃料を止め、「脱炭素」社会に向かって動き出しました。

実は、石油から作られる日用品やコスメもまた、環境汚染と気候変動の原因になります。

 


化粧品の原料は石油

 

意外にも未だに知らない人も多いのですが、現代化粧品の主要成分は石油です。

スキンケアからメイク用品、そしてシャンプーに至るまで、水以外は、ほぼ石油由来合成成分というのが、現代の一般的な化粧品です。

 

何千年もの間、化粧品は、植物や鉱石などの自然素材から作られてきました。

石油で作られた化粧品が普及したのはほんの90年前からのことで、それは人類史上、かつてなかった異変と言っていいでしょう。

 

今、私たちの生活周りにあふれている石油由来製品が、環境汚染や体内汚染になっていることを見ると、今後は、自然界で循環し、地球環境を汚染しないモノ作りが求められています。

 

これまで「オーガニック生活便」は、化粧品の合成成分は、様々な肌トラブルと「経皮毒」による病気の原因になるうることを伝え続けてきました。

さらに気候変動の激化を考えると、もはや石油を私たちの周りの日用品やそして化粧品に使うことは意味がありません。

 

そんな今だからこそ、「オーガニック生活便」は、改めて日用品とコスメの「脱石油」宣言をします。

2020年12月3日木曜日

私たちは光で繋がっている

 寒さはつのってきましたが、

最近は空気や空がキラキラと透明感を増しています。


ところで知っていますか?

私たち人間は光がないと生きていけないことを。


心とか宗教の空想話ではなく、現実の話です。


動物もそして虫たちも、あらゆる生物は、

光がないと生きていけないのです。



「光合成」という工場を持っている

植物たちが光エネルギーを使って、水と空気中の二酸化炭素を糖類に変え、

ほかの生物たちの食べ物をせっせと作り出してくれています。


今日の私の食べ物も、目の前の美しい光のおかげなんだと考えると、

あらゆる生物と光ですうっとつながったように思われてきて

とてもわくわくしてきませんか?


そして光と私たちを繋いでくれる植物に感謝! です。

2020年11月5日木曜日

もっと軽やかに生きて


 「With コロナ」の時代は、

私たちにちょっと立ち止まって、

これまで当たり前だったことを考え直してみることを

求めているような気もします。


満員電車、ただ忙しく過ぎていく日々、心は置き去りにしたまま……


私たちはどこからどこへ向かっているのか?


久しぶりの秋晴れ。

本当に雲ひとつない青空。


そんな青空を眺めていると、

ーー怖がらないで、もっと軽やかに生きてみて

遥か遠くから声が聞こえてきたような気が……。


空は、自然のキャンパス

そこには毎日、違う様々な絵が描かれます。


頭をあげれば誰もが楽しめるその絵には、

きっと大切なメッセージも込められているはずです。

2019年1月16日水曜日

稀少な「インカルージュ」の贅沢


明けましておめでとうございます。
2019年が、人にとっても地球にとってもいい年になりますように。

「オーガニック生活便」スタッフのYさんから、インカルージュという珍しいジャガイモをいただきました。

去年からYさんは、町田の貸農園で、有機栽培の野菜を作り続けています。以前にも野菜をいただき、すごく美味しかったことを覚えています。


Yさんは、農業の経験ゼロなのに、
この一年間、ずいぶんいろいろな野菜を作りました。子供に安心安全なおいしい野菜を食べさせてあげたいという思いで頑張っています。凄い!ですね。

「有機野菜は高い!」というイメージがありますが、貸農園という方法で、豊かなオーガニックフードを得る方法があるわけです。

もちろん手間はかかりますが、土に触れると、人のからだはリラックスできるという良さがあるそうです。



さて、いただいたインカルーシュを早速、その夜、サラダにしました。
名前の通り、外はきれいな赤い皮に包まれていますが、中は濃い黄色。カロチノイドというポリフェノールが多く含まれ、活性酸素を消してくれる力が高いそうです。



もともとインカルージュは、南アメリカのインカ帝国時代の貴重種から作られた種類とのことです。原産地でもお祭りにしか食べられないジャガイモの貴重種だそうです。

インカルージュの味わいは、甘みがあってナッツに似た風味があり、そのおいしさに感動しました。
インカルージュは、普通のスーパーではほとんど売っていないので、「これって作っている人だけの特別な味わい」だなと思いながら食べました。
そのお裾分けをもらった私はとてもラッキー。
サラダのほかに、ローズマリーのオープン焼きも作りました。







今夜の夕食は、インカルージュのおかげでとても幸せ気分になりました。
まさにお金では買えない贅沢ですね。

2018年12月10日月曜日

自然は、天才アーティスト



例年より温かい日が続いたせいで、樹々の紅葉がいつより遅くなりました。
それでもようやく秋から冬へいたる日の美しい景色が見られるようになりました。
いつもの場所が違った風景に見えます。

緑から、黄色、だいだい、赤、ピンク、紫と、様々に変化した葉の色が、はっとするほど美しい景色を作り出しています。

日本にもともとあった紅葉は、少しくすんだエンジ色。
辺りと調和してしっとりととした景色を作り出します。


光が通り過ぎるとき、まるで画家が描いたような絵画があちこちに出現し、
私の足を止めます。
その絵画の色は完璧な調和を奏でて、見る人の心を感動させ、喜びを湧きあがらせます。

赤、黄、緑、自然の画家は、色を操る魔法使いです。


このごろの散策は、自然という天才アーティストが描いた絵画展巡りのようです。

息を飲むほど、鮮やかな色彩の饗宴。

ただただ凄い!


  鳥や虫も憩えるオーガニックガーデン   7 年前から「オーガニック生活便」は、山梨県でオーガニック栽培のブドウを作ってきました。 さらに今年は、野菜や花を育てるオーガニックガーデンも作り始めました。 木とウッドチップで作ったガーデンの小道。 蝶が飛んでいます。 オーガ...